史料と人物 III

Description
「平田長太夫の阿蘭陀流外科修業証書とその背景について」 ヴォルフガング・ミヒェル (1-38)  「村上玄水著「天地分體論」草稿について」大島明秀(39-51) 「文政年間における大江家周辺の事績」吉田洋一(52-87) 「中津の辛島医家に伝えた池田流痘瘡唇舌鑑図」細田冨多(88-106)

Please download to get full document.

View again

of 124
All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
Information
Category:

Genealogy

Publish on:

Views: 19 | Pages: 124

Extension: PDF | Download: 0

Share
Tags
Transcript
                           ミヒェル・ヴォルフガング、吉田洋一、大島明秀共編中津市教育委員会、平成二三年三月    編者前書き  昨年度の叢書では、大江家および耶馬渓の屋形家を中心とする人物の紹介を行いましたが、本年度は村上家、大江家ならびに辛島家という三つの医家とその史料を取り上げることにしました。 ミヒェルは、初期紅毛流外科における免許状を総合的再検討し、中津市歴史民俗資料館に寄贈された阿蘭陀流外科修業証書の位置づけとその背景について論じました。 大島は、叢書第八巻で村上玄水が天地の構造についてまとめた「天地分體論」を紹介しましたが、今回はその草稿に着目し、解読と内容分析を行いました。 吉田は、江戸後期(主に文政年間)における中津藩と同藩医との交流を検証する上で、今後有益となる可能性を秘めている史料を翻刻し、解説を付しました。 細田は、屋形家の種痘活動を紹介した昨年度の流れを踏まえて、中津藩の種痘を先導した辛島正庵(五代)の養子長徳が入手した、多彩な挿図で構成されている池田家流「痘瘡唇舌鑑図」を紹介しました。 村上家、大江家、屋形家、田渕家をはじめとする各医家の史料整理に従事する中で、蘭方・漢方にとどまらない、中津における学術や医療の全貌が浮き彫りになりつつあります。 平成二三年春   編者一同                                                  
Related Search
We Need Your Support
Thank you for visiting our website and your interest in our free products and services. We are nonprofit website to share and download documents. To the running of this website, we need your help to support us.

Thanks to everyone for your continued support.

No, Thanks